矯正歯科治療の際は保険証の準備

矯正歯科で行われている治療の大半は健康保険が適用されない自由診療になります。そのため治療費は全額患者さんが負担をする事になるため、保険証を持って行く必要はないわけです。しかし、厚生労働省が定めている特定の症状においては健康保険が適用されるため、保険証を持参しておくのがお勧めです。厚生労働省が定めている特定の治療には顎変形症治療や先天異常の疾患などがあり、矯正歯科で治療での費用負担は少なくなります。但し、全ての病院で適用されるのではなく、あくまでも厚生労働省が定めている指定自立支援医療機関や、顎口腔機能診断施設などに限定されるので注意が必要です。

治療は大半が保険適用外

矯正歯科治療は保険は適用されるのでしょうか? 矯正治療で保険が適用されるケースは、顎変形症などで外科的な治療が必要になるケースや、口唇裂や口蓋裂などによる先天的に咬合機能に問題がある場合に限られ、一般的な矯正歯科治療や歯列矯正は自由診療となり、治療費の全額が自己負担になります。そのため矯正治療をする場合、初診から矯正治療、その後のアフターケアーを含めると、平均100万円前後が必要となります。高額のお金が必要になるので、治療前には見積もりを取り、オプション追加料金が必要になるかなど、必要経費を確認して納得したうえで、治療を開始するようにしましょう。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 矯正歯科でおこなわれる治療 All rights reserved