矯正歯科の保険適用される治療

矯正歯科での治療は、基本的に健康保険は適用されず、自由診療となります。しかし先天異常の疾患の内の一部と、顎の骨を削る手術を行うことが前提の顎変形性に関する治療のみ、指定自立支援医療機関において保険診療を受けることができます。適用される一部疾患は、唇顎口蓋裂、 鎖骨・頭蓋骨異形成、尖頭合指症、顔面半側肥大症、軟骨形成不全症などがあります。なお、指定自立支援医療機関とは、厚生労働省認定の医療機関です。矯正歯科を標榜していること、更生育成医療を行うための必要な設備などが整っていることなどの、認定基準をクリアしている医療機関が認定を受けることができます。

歯列矯正は歯科選びが肝心

矯正歯科での治療は大概健康保険が使えないため、高額な治療費がかかることが予想されます。それに治療期間も年単位でかかることも多く、歯列矯正をする場合、相性と技術力、設備の整った歯医者さんで治療をすることが肝心です。矯正歯科を選ぶ方法は予め症例を見せてもらったり、もし知り合いがいれば評判をきいておくと安心できます。歯列矯正が整うと見た目がいいのはもちろんですが、歯の清掃性も高まるし、咀嚼が上がったり、内蔵に負担のかからない体を手に入れることにもつながります。どうせ高額な治療費をかけて治療をするなら、理想的な歯列矯正を手に入れたいものです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科でおこなわれる治療 All rights reserved