矯正歯科は大半が保険対象外診療

歯並びが悪いととっても気になります。歯並びを治して美しい歯並びを手に入れたいと思っても、どのように治療していくのかなど知らないことだらけです。そこで、今回は矯正歯科についてお話をしていきます。歯列矯正は基本的には自由診療・自由治療という扱いになってしまうため健康保険は適用されず対象外となってしまいます。対象外ということは、矯正歯科にかかる治療費が全額自己負担ということになり、多額の治療費がかってしまうことになります。しかし、国が定めた特定の症状、例えば、顎変形症などの先天的な異常に限っては保険適用の対象となります。

治療と健康保険について

治療に保険が使えるかどうかは、矯正歯科など、どの診療科で受診するかではなく、どのような治療を受けるかによります。おおざっぱに言えば、病気やケガの治療でなければなりません。矯正歯科で行う矯正治療は、普通自費診療になります。なぜなら、歯並びが悪いことは、確かに問題でしょうが、病気ではないからです。したがって、歯の矯正治療であっても、23疾患が定められている口蓋裂や口唇裂などの先天異常、および、上顎と下顎の骨格が大きくずれている咬み合わせ不全で、外科的な治療が必要な顎変形症は、保険診療の対象となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科でおこなわれる治療 All rights reserved