マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正は、柔らかい透明な素材でできたマウスピースを使用して、噛み合わせや出っ歯などを矯正していく方法で、金属を使用した通常のブラケット矯正と違って、取り外したが簡単で、一時的に取り外すこともできるというメリットがあります。マウスピースにはいくつかの種類があり、1日20時間以上の装着が必要なインビザラインや、1日8時間~10時間の装着だけですむDENマウスピースなどがあります。症状によってもことなりますが、治療開始から終了までの機関は、前歯だけの矯正であれば、4ヶ月ほどで終了する場合もあります。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正の人気が高まっています。その理由は、ワイヤー装置ではなく、透明なマウスピースを使って矯正ができるからです。マウスピースは歯が動くように設計されていて、少しきつく感じますが、ワイヤーほどの違和感はなく、食事の際には自分で外すことができます。マウスピースは2週間に1度を目安に作り直していくので、常にきれいな状態です。装着していても目立つことがなく、人に気づかれないで矯正できるメリットもあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科でおこなわれる治療 All rights reserved